レディー

狂暴なアシナガバチは巣ごと駆除するのがベスト

意外と頭の良い生き物

ハト

鳩は一度つがいになった相手と生涯添い遂げると言われており、夫婦は年に数回、巣を作って子育てをします。巣を作る場所への執着が強く、安全と判断した場所で繰り返し巣づくりをする性質があります。つがいの鳩に営巣地として見定められてしまうと、駆除はとても難しくなります。鳩は野鳥として保護されているため、雛がいる時期は専門業者であっても巣を撤去することができません。困った事態になる前に早めの駆除を行いましょう。そのためには鳩の性質と生活をよく知っている専門の駆除業者に相談することが大切です。鳩が住居付近によく現れるようになったと思ったら、ねぐらや巣を作るために偵察をしている可能性もあります。専門業者はこうした鳩の行動を被害の深刻度の指標とし、効果的な対策を行うことができるのです。

鳩駆除の専門業者では、被害の深刻度に応じた対策を行ってくれます。まず鳩の行動を観察することになるのですが、依頼者がよく見かける鳩の行動、糞のある場所や量などを観察する必要があります。移動途中の止まり木として利用されている程度の場所であれば、人の出入りが頻繁になることで来なくなることも考えられます。次に糞の量や飛来する数が問題になります。夜間に集まっているところはねぐらと認識されていますので、糞や羽などをきれいに掃除した上で広範囲に忌避剤を施工します。2羽が営巣の準備に入っている場合は、もぐりこめる隙間を塞ぎます。防護ネットなどは素人と違って隙間なく張るため、端から潜り込まれるということもなく安心です。