作業員

狂暴なアシナガバチは巣ごと駆除するのがベスト

粘着式シートを使う対策

家庭用の粘着シートをねずみ駆除目的で使うケースも少なくありません。お手頃価格で使い方も難しくないので人気がありますが、生きたまま捕獲することになるので後始末に苦労する可能性大です。捕まえたねずみを処分することまで考えると、後始末までお任せできる専門業者を頼んだ方がメリットが多いでしょう。

危険から身を守ること

散布作業者

アシナガバチとは

家の近くでふと気が付いた時にアシナガバチの巣があると、とても驚いてしまいますね。アシナガバチはスズメバチに比べると毒性が弱く、おとなしいハチだと言われています。しかし刺されるとアナフィラキシーショックなどの危険性もあるため、巣を見つけたら早いうちに駆除することが大切です。アシナガバチの巣は女王バチ1匹からスタートし、働きバチが羽化する7月から8月にかけて最盛期を迎えます。そうなる前に早めの駆除を行うことが必要なのです。駆除作業は夕方から夜にかけて行われるのが特徴です。この時間帯はハチも落ち着いているため、比較的駆除がしやすいと言われています。また巣の外にいたハチ達がみんな帰ってくるため、まとめて駆除できる点も重要です。

安全に退治するために

アシナガバチの巣の駆除は誰でもできるように思われますが、やはり毒のある虫なので危険も伴います。そのため専門の業者に依頼することで、安全かつ迅速に退治してもらうことが可能です。専門にアシナガバチの巣の駆除を行なっている業者であれば、殺虫剤や防護服などの用品も持ってきてもらえます。自分で用意する必要が無くなるのはとても大きな利点です。巣が大きくなってしまうとその分駆除作業も大変になりますので、早めに相談しなければなりません。また8月から10月にかけてアシナガバチは大変攻撃的になるため、巣の周りの住人にも危険が及びます。この時期になると専門の業者も混み合ってきますので、なるべく夏になる前に利用することが大切ですね。

意外と頭の良い生き物

人家近くで生活する鳩を追い払うためには、その性質をよく見極める必要があります。つがいが来るようになったら少しの対策では効果がないため、専門の駆除業者に相談しましょう。鳩の性質をよく知る専門業者は、被害の深刻度を測り、効果的な対策を施してくれます。

繁殖力がすごい床下の害虫

床下や天井などにいるとされるシロアリは、住宅の中で見かけることはあまりないです。しかし、シロアリを見つけるには様々な方法があります。万が一、発見した場合は駆除が必要となります。駆除を行なう際には業者へ依頼するようにしましょう。